キャバ嬢の将来性って不安?引退後の生活について

キャバ嬢の将来性とは

キャバ嬢の年齢層は18歳から、上は30歳くらいまでが多く、仮に30歳でキャバ嬢を引退したとして、そこから一切働かず悠々自適な生活が送れる…ワケがないのは明白ですよね。笑

なので、キャバ嬢の仕事はあくまでも通過点で、アラサーあたりになったら次のキャリアを考える方が多いです。
そもそも、キャバクラに来るお客さんは若いキャバ嬢を求めているのでアラサーになってくるとよっぽど才能がある人じゃないと売れませんし…。

なので最近だと、25歳くらいから引退を考える人が多いですね。
キャバクラで働きたい、働き始めたばかりだという人は、働く期間や目標を明確に決めて、それが達成できたらスッパリやめて次の仕事に転職することをオススメします!

当サイトでは、キャバ嬢の結婚についての記事も紹介していますので、ぜひご覧ください。

キャバ嬢の引退後は?

引退して次のキャリアに…と言っても、キャバ嬢の引退後の生活にも色々種類があって、人によって選ぶ道が違うんですよね。
なのでここで、キャバ嬢の引退後の道について多いものをいくつかご紹介します!

もちろんキャバクラ引退後から自分の好きな仕事を始めるというのも十分可能なので、ここで紹介すること以外にもいろんな道があることを知っておいてくださいね!

昼職に転職

特にキャバ嬢の仕事に疲れた人とか、年齢を気にせずに働ける仕事に転職したいと思ってる人は、昼職に転職することが多いですね。

最近驚いたのが、元夜職の女性に向けた転職サイトがあることです。
キャバ嬢って、長く続ければ続けるほど昼職への転職が難しくなってくるので、こういうサイトはキャバ嬢にとってすごくありがたいんじゃないかな。

特に多いのが一般事務やアパレル系、化粧品会社なんかの美容系の仕事が転職先として多いです。

俺の知ってるキャバ嬢の中には、引退を考えたと同時にネイル教室に通ってネイリストの資格を取って、引退してすぐネイリストになったっていう子もいました。

結婚する

意外って言ったら失礼だけど、多いんです、キャバ嬢の寿引退。

中でも多いのがお客さんとの結婚で、お客さんもキャバ嬢も、お店で接客して仲良くなっていくうちに本気で付き合い出す人もいるんですよね。

キャバクラに遊びに来るお客さんはだいたいそれなりに高収入だし、結婚が決まって専業主事になれば悠々自適な生活を送ることができる。
だから実はキャバクラで働き始めた理由として「玉の輿に乗りたいから」っていうキャバ嬢も、少なからずいます。笑

どこのキャバクラも、キャバ嬢とお客さんが付き合うことを禁止してるところは少ないけど、もしお客さんと付き合うならお店や他のお客さんにバレないようには気をつけてください。

夜のお仕事を続ける

20代後半から30歳くらいからでも始められる夜の仕事はたくさんあるんですよね。
例えば、熟キャバに移ったり、スナックで働き始めたり。

夜の仕事は好きだけど、キャバクラは年齢的に限界を感じてるっていう人はこういう別のお店に移る人が多いです!

もちろんお店の形態によって収入はかなり下がる場合もあるけど、今までの仕事を活かせて、夜の仕事を続けられるなら問題ないっていう意見が多いですね。
ただ、たくさん稼げても風俗は体力が保たないのでキャバ嬢引退後の仕事としてはオススメしません。笑

まとめ

キャバ嬢の引退後の道として多いものはご覧の通り。

  • 年齢を気にせずに働ける昼職に転職する
  • 結婚して寿引退する
  • 熟キャバやスナックなど、他の夜職に転職する

例えば昼職をするにしても、転職のための面接対策や、業種によっては資格の勉強をしないといけませんし、結婚するにしても婚活しないといけませんよね。

将来の道によっては今からでも動いた方が良いこともあるので、キャバクラで働いている人は、引退後どうするかについても考えてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!